転職年収アップ成功へ導く6つのポイント

転職年収アップ成功へ導く6つのポイント


転職して年収アップを目指す場合のポイント

転職して年収アップを目指すなら、まずは今まで培ってきたスキルや知識を思う存分活用しなければなりません。未経験の分野に挑戦すると一から勉強になりますが、経験してきた分野なら今までの業務が役に立つはずです。

2つ目に気を付けたいのが、同じ業種であっても会社の形態や規模で待遇に差が出ますので、希望の給与を叶えることのできるところを探します。

3つ目は、それまで培ってきたものがどのような類のもので、どんなアピールポイントがあるのかを探しだします。転職活動では強烈なアピールポイントを持つ人が成功しています。

実際の行動が必要な対策も

4つ目からは行動しなければならないポイントです。一度職に就いてもそこで安心せず、自己啓発を続けることが大切です。

5つ目は、業界の動向を調べながらその流れに応じた対策を講じることであり、その時々に求められるスキルや知識を積極的に身につけることが大切です。

最後は、あまり年齢が上がると逆に収入が下がる傾向にありますので、高い収入が得られるとされている年齢までで転職するのをやめることも重要です。

年をとってから動くと、仕事内容自体は変わっていないのにかえって転職前よりも給与が下がってしまうこともあります。



退職を引き止められてしまったら


転職の為の準備を確実に

転職を考え始めた時、ほとんどの方は事前に準備を行います。余程我慢がならない場合を除き、退職してから探すと言う方はいないでしょう。

職業安定所に行かなくても、web求人などで幾らでも求人は調べられるのですから。人によっては、内定を貰ってから行動を起こす方もいます。それほどタイミングは様々です。

現実問題として、自己都合の場合は、労働基準法の定める通り1ヶ月前には(民事法では2週間)意向を伝える必要があります。

スムーズに次ぎの職場に移行できると思いきや、比較的退職を引き留められるケースも多く。強い引き留めに有った場合、貴方ならどうするでしょうか。

自分の意思表示をしっかりとする

内定を貰ったタイミングで、退職を切り出したのに引き留めにあった。そんなシチュエーションが、一番焦る事でしょう。次ぎが決まっていなくても意思がかたければ、寝耳に水でしょう。

しかし、まだ最低1ヶ月は勤めなければならず、上司を無下には出来ないというのも弱い部分です。どんなに引き留められようとも、意思に変わりが無い事を何度でも伝える。実は、これしか無いのです。

色々なパターンの引き留めがありますが、転職を覚悟したのなら引き留められるのは予測されていたはずです。ぶれない態度を示すことで、必ず良い方向に動きます粘り強く対応して行きましょう。



祝内定!初出勤までに準備しておきたいこと


転職に成功し初出勤となった際の準備

入社まで時間がある場合には予備知識を見につけましょう。事前にできる限りの準備をしておけばゆとりを持って初出勤を迎える事ができるでしょう。

転職先が異業種出会った場合は商品名、サービス名のほかにも競合の会社であったり、弱みや強みも研究しておきますと研修があった際に心の余裕を持たすことが可能となるでしょう。

また、転職先で必要な道具などがありましたら事前に購入する、社会保険などの提出書類を整えるなど日々の生活の中に取り込んでいくことが大切です。前日になってあれこれ用意していると、足りないものが見つかり慌てる事間違いなしです。

採用担当者への連絡も忘れずに

入社日までに時間があるときには定期的に採用担当者へ連絡をするようにしましょう。大体、隔週一回や一ヶ月に一度など。

また、就業規則があるようでしたら頂いて一度目をとおし、実際の勤務のうえでの注意すべきところや基本的なルールを理解しておくことが早く会社に馴染むことができるコツです。

もし、自主的に挨拶へ伺いたいのであれば採用担当者にアポイントを取ってから訪問するのが常識です。間違っても突然訪問することがないようにしましょう。

しかし、業務準備のためにミーティングに出席してほしいや顔見せのために来社してほしいという申し出があった場合には内容を確認して対応することも大切でしょう。



新しい職場で受け入れられる基本マナー


転職する際に気を付けておきたいこと

自分の希望する仕事を求め、転職活動を行う人は多く、一生のうちに何度かの転職を経験する人も少なくありません。

新卒で入社するのと違い、転職する人の場合には即戦力として期待されている場合が多く、迎え入れてくれる側の社員も、そうした視点から新たに入社してくる社員を観察しています。

新しい職場になじみ、また少しでも早く自分の実力を発揮できるようにするためには、一日も早く職場に慣れ、人間関係を構築することが大切です。そのためには、あらかじめ心がけておかなければならない基本的なマナーがあります。

新しい職場の一員になるための心構え

新しい職場で受け入れられるための基本的なマナーとしては、すべての社員に対して、経緯を持って接することが大切です。

自分の方が経験が豊かな場合でも、その会社においては他の社員は先輩格に当たるため、教えを請うという態度が必要です。またその職場なりのルールも必ず存在しているため、できるだけ早く体得することも求められます。

「郷に入っては、郷に従え」ということわざもあるように、転職して新しい会社に馴染むためには、自分から積極的に新しい環境に飛び込んでいく勇気が必要であるといえるでしょう。